杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ 禄存・司禄で考えるTOP算命学 ≫ 禄存・司禄で考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

禄存・司禄で考える

毎日なんだかよくわからないけどバタバタ過ごしている私ですが、先週中野トナカイで行われた「十大主星徹底研究 禄存司禄の巻」に参加してきました。

私は命式に禄存司禄を持っていないので、お持ちの方の話は「えっ?そうなんだ?」と思うことがてんこもり。本当に勉強になりまする…

禄存司禄は、何かに働きかけたりコントロールしたりして形にするエネルギー。
私はご存じの通り鳳閣が3つもあって
「楽しい!面白い!損得なんて関係なくやりたいことをやるんだ!」みたいな世間知らずの若造のような考えがデフォルト。
「責任を持って何らかの形にする」とか「何が得られるかきちんと考えて取捨選択」とかは私の脳にインストールされてないらしいことが皆さんの話を聞いて炙り出されてきまして…(-_-;)

火生土がされてない。とっちらかったままの自分へのダメ出しになりました。


うちの夫は司禄星中心で合計3つ禄存司禄を持っていますが、これが東の貫索星に全部剋されています。
似たような方が参加者さんにいらっしゃったのですが「仕事できるよね、稼ぐよね」配置という話で、夫も稼ぐかは別としてとても仕事ができる人だと思います(実際に見たことはないから断言しにくいですが)

帰ってから夫に色々質問して聞き取りをしてみたのですが、あまり本人は仕事でこうしたいとかはなく、「面倒くさいことはしたくない」とのたまう。
普通のサラリーマンだしなあ…
上から「このプロジェクトをやれ」「報告書をまとめろ」「今度はこの部署へいけ」だの言われて、「俺にばかりこんなの無理言ったって困る!」とヒーヒーいいながらやって、そうするとまた次の指令がくる感覚らしいです。
これが彼の感覚なんですねえ。


講座のあとは他の参加者さんと、「自分の命式の○○が△△だったらよかったのに・・・」みたいな話で盛り上がりました。私も鳳閣3つもあっても何の役にも立たない気がするし1個でいいから別のに変えてみたいな~と思います。
何がいいかな?なんて妄想ですけどね。
なんでこんな中殺ばかりフィーバーする日に生まれちゃったのかと思う日もあります。でも母に聞くと予定日はもっと前だったのに中々生まれなくて、それなのにいざ生まれるときはトラブルで帝王切開で生まれてきました。自分で日を選んできたフシがありますね・・・はははは
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。