杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ 目に見える風景TOP西洋占星術 ≫ 目に見える風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

目に見える風景

たまにふっと思う変なことが色々あって。

若い頃からよく思ったことは
「私が見ているこの風景は、本当に他の人の目にも同じように映っているものなのかな??」ということ。
電車に乗って外を眺めると色々な建物が並んでいるけどこれは本当に事実なのだろうか。もしかしたら他の人は違う風に見えているのかもしれない。いや、それよりもっとこの見えているのは全て夢だったらどうしよう。物も人も想像上の産物だったりして…


夢かもしれないはともかく、昔、結構回りの人に「自分の見ているものがもしかしたら嘘で他の人は全く別なもの見ているかもって考えたことある?」と聞いてみたことがあります。
「何言ってるの??」という人も多かったけど、職場の事務さんのチカさんという3つ4つ年下の女性は「わかる~~!私も思うことある」と同意してくれて嬉しかったっけ。チカさんも結構変わり者でトラブルメーカーだった。急に辞めてみんな喜んだものでした(笑)今はどうしているのだろう…

自分の見える世界と他人の見える世界は全く違うかもしれない。そんなことは実際ないけれど、ある意味では正しい。

私はネイタルの水星と金星が天秤座、さらにプロクレスの太陽もずっと天秤座でもうかなり終わりの方に来てます。とどめに現在プロクレスの月も天秤座。天秤座修行期間です。

天秤座は「他者」が主要なテーマ。上記の話も天秤座的な話だと思います。
私は良くも悪くも「他人」が気になります。どうしてこういうふうになるんだろう?と純粋に観察することも好きですが逆に人の目が気になってしまうときもある。よく「見栄っ張り」というキーワードも出ますがこれも心当たりがあります。たとえば職場でだれかとうまくいかなくて疲れ果ててすごく辞めたくてもシンプルに「辞めたい」と言えなかったりとか。何か他にもっともらしい理由がないとダメな気がどうしてもしてて・・・まあでも辞めましたが(笑)その時は無意識でしたが今思うと「見栄」というか「他人の目が気になる」からですね。

まあここまでは前振りで。次に続くのでした~~


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。