杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ 変人の家族はまた変人なのかTOP算命学 ≫ 変人の家族はまた変人なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

変人の家族はまた変人なのか

うちには夫と子供が3人いますが、次男を除く3人に生日中殺があります。
(最初に家族5人分の鑑定の表を見た時、中殺の部分に〇をつけてあったので次男だけ何もついていなくて、「この子だけ何か変なのかしら??」と思ったら自分のほうが変?だったという・・・)

次男からするとちょっと異質な家庭かもしれない・・・(-。-;)


相性からするとやはり基本的には中殺があれば同じように中殺を持った人がいいらしいですね!
私は3つの鳳閣星+車騎星もあり、歩き出してから行先を決めるようなタイプ(笑)
やろうと思うとすぐ行動に移してしまい、今まで「しなかった後悔」はないけれど「しなければよかった後悔」はいくらでもあります。えっへん!(いばるところではない・・・)

夫は中心星司禄星+南も司禄星で石橋を叩いて叩いて壊すタイプです。
どこか行くときは下調べして何パターンも書き出しています。
私に比べればやはりはるかに常識人です。まあ助かることも多いです、ハイ・・・


でも先日、中野トナカイさま→の西洋占星術の読み会で相性読みのサンプルになった時、まついなつき店長に
「変人の夏瀬さんのダンナさんはどんな人かと思っていたらやっぱり変人だねー」と笑われました。
夫に聞かせてやりたかったわ~
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。