杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ 妻妾同宮TOP算命学 ≫ 妻妾同宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

妻妾同宮

友達には調舒と玉堂を持っている人が多いのですが、身内には禄存司禄を持っている人が断然多い私です。

筆頭は夫。
中心星を含め司禄星を2つ、禄存星を1つ持っています。このように男性で禄存星と司禄星を両方持っているのを「妻妾同宮」って言うんですね。奥さんと愛人と両方持てちゃう。
とりあえずこれまでのところ一度も愛人は確認されておりません(2014年7月現在)

私は職場での彼の姿は一切知らないのですが、無口で女の人にマメなタイプじゃ全然ないし(-_-;)あ、でも女性のほうが迫ってきたらどうなるかわからないかも。。。なんて考えたらそれが禄存司禄じゃ!!引きつける方なんですね。

彼は禄存司禄を女性ではなく仕事でフルに使っているように思えます(今のところは・笑)
東に貫索があり、それが3つの禄存司禄を剋しています。剋される星は才能!ということでそこそこコツコツやってきたことをかたちにしているようです。
(反対に私は禄存司禄はゼロ。「かたちって何??」と口走ってしまう・・・)

まあでも女と金は密着にくっついてますしね~~うん、家庭の平和のためには私が財布のひもを握っておこう!

そういえばこの前貝殻ビキニの(笑)武田久美子さんの離婚報道を見てちょっと誕生日を調べてみてみたら、なんと禄存星が4つ!!女王様ですね。底なし沼レベルの吸引力がありそう。。。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。