杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ 類友現象TOP算命学 ≫ 類友現象

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

類友現象

今回の職場は私史上一番人がたくさんいます。ちなみに全員女性。
そして私と同じ職種の人は生年月日がばっちりわかる・・・もうこれは占い好きの血が騒ぐね!
さっそくこそこそメモして家で調べました。

するとなんと・・・

正社員準社員くらいの人が8人いて、宿命中殺を持つ人が3人、日座中殺が2人。
これは結構な確率だと思うのですが。
私にとっては居心地は悪くない、です。
やっぱり縁があるところには「神の見えざる手」を感じますね(経済じゃないですけど)!

そしてその中に一人、調舒星中心で生月中殺のMさん。
一番最初にあって挨拶した時の印象は「変わってるかも・・・」でした。他の方は「○○です、こちらこそよろしく」みたいなやりとりになるのにMさんはそっぽをむいて「よろしく・・・」だったので。
でも仕事はきっちりやるし、慣れてくると色々ぼそりぼそり話すようになったら、なんだか一番気が合うようです。
人見知りがきついだけなんですね。
最初Mさんを変人と思ったけどそういう私こそ特大の変人だったのを思い出しました。

そういえば高校生のころからずっと続いているような友達の誕生日を調べてみたら調舒と玉堂を持つ子がすごく多かったです。
玉堂はたぶん私の鳳閣と相剋関係+陰陽で惹かれるのかな?と推測。
調舒を持っている友達はやっぱりちょっと繊細で難しいところもあるんだけどそこがひっくり返って面白くて好きだったな~~
調舒星と宿命中殺は複雑さが似ている、みたいなことを以前言われた気がしますが類友で呼ぶのでしょうか・・・

偶然出会ったような気がするけど、実はだれかが仕組んでいるようでこの世はおもしろいです。道を選んできたような気がするけど実は決まっているのでしょうね。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。