杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ 家系の因縁TOP算命学 ≫ 家系の因縁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

家系の因縁

私が算命学に惹かれた理由に「家系の流れ」というのがあります。
なぜなら私は「家系の因縁」みたいなものはあるかも?とよく考えていたからです。

私の母は女ばかり三人姉妹の次女なのですが(本当は四人姉妹でしたが三女は13才で心臓病で亡くなったそうです)三人揃ってまあ男運が悪いです。「どうしてみんな揃いも揃ってダメ男と結婚したんだろ・・・」と若い頃から思っていました。
私の育った家は私が結婚する前くらいに空中分解したような形になりました。私のような全中殺もどき(?)が生まれたというのは家系にゆがみがでているということなのでしょうか。

母のきょうだいたちもそれぞれ家庭を持ち子供がいるのですが(私にとってはいとこ)、それぞれ状況は全然違うのに何故か皆家庭がうまくいかず、ここまで来たらもう打つ手はない状況です。ボロボロで故障だらけなのに走り続けなければならない車のようです。私の家のように壊れてしまったほうがいっそ楽かもしれません。
そしてこういう家では悪いことが続くのですね。これでもか、ってくらいに形を変えて事件が起こりました。

以前から私の妹とは
「何かあるとどうして、じゃなくやっぱり、って思ってしまうんだよね」
「なんか因縁みたいなものがある気がする・・・」
みたいな会話をこそこそしていたんです。


算命学を習って、叔母たちやいとこの命式を出してみて突き合わせていろいろ見てみると「は~~~っ」とため息がでるものでした。思った通り、というところもあれば実はこうだったのではないか、みたいなことも・・・

ふと思ったのですが、私のような宿命中殺を持った人は、家系においてはタロットカードの「塔」みたいな役割をするんじゃないかな?ゆがんできた家系を崩壊させるために、定期的に出現するのでは??


・・・それにしても、「家系の因縁」ってタイトル、横溝正史の世界みたいです( ̄ヘ ̄)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。