杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ 生月中殺・その2TOP算命学 ≫ 生月中殺・その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

生月中殺・その2

この前生月中殺の息子を持つお母さんと話す機会がありました。
お子さんはうちの長男と同じ年で、迷える大学生だそうです。

どうさまよっているかという話になったのですが、
「目的地はわかっているのに、なぜか一直線に行かないであえて遠回りで行こうとしている」
という結論に至りました。
ちなみにお母さんは宿命中殺はなし。

これって生月中殺だよなあ~~だって私もそういうところがある(らしい)。本人は遠回りしている気なんて全然なくて、「これが一番いい道なはず!」と信じて進んでるんです。だから全然自覚なし。
でもフツーの人から見たら「何やってんの??」みたいな感じなのね・・・

無駄ばっかりしてきちゃったかな、馬鹿ばっかりしたなってよく思います。
特に若い時は全然自分自身を見えてなくって、自分に合わないことを「これが合う♪」みたいに思ってやっていたことがいくつも浮かびます。
過去の話ばかりでなく、これからもさまよって生きてそう・・・

まあそれが芸の肥やしになっているということで。
どうぞごひいきに(私は芸人か!笑)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。