杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ おばあちゃんの話TOP雑談 ≫ おばあちゃんの話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

おばあちゃんの話

私が小さい時は6人家族で、父、母、父方の祖父と祖母、私と妹という構成でした。
おばあちゃん子という程ではなかったですけど、回りに年の近い子もあまり居なかったのでよくおばあちゃんにくっついていました。

小学生の頃、おばあちゃんの手や腕を見るといっぱいシミが出来ていました。
田舎で野良をすることも多かったので仕方ないことです。
まだツルツルピカピカのお肌の持ち主だった私はシミなど知らなくて
「おばあちゃん、この手にあちこちある黒いよごれみたいなのは何?」と聞きました。そうしたら祖母は
「これはね、死にジミといってもうすぐ死ぬ人にできるんだよ」と教えてくれました。
「えっ!!もう死んじゃうの?(°Д°)」

その頃は結構信じてました(笑)
今ホロスコープを見ると祖母は双子座天体集中の人で、きっと頭の回転が速くウィットに富んだ人だったのでしょう。
そしてここ数年で私の手にも死にジミが…



わかりやすいように握ってますが、甲の真ん中にある濃いのはホクロで、まわりのポチポチ黒いのが死にジミです。
男の子2人を頑張って外遊びさせましたが、甘いUV対策のツケがこのところゾロゾロ出てきています。顔もそうだけど手。特に私は運転することが多いので右手にシミがでました。左手はわりときれいです。

天国のおばあちゃん。
私も死にジミがでる年頃になりました。
でもまだ死なないと思います。

他にも変なこと言ってましたね。
これは私が大人になってからですけど、「お前のお父さんがバカなのはお産の時なかなか生まれなくて鉗子を使って出したからだ。頭を鉗子で挟んだからバカになった」と回想してました。
いやいやいや!!それは絶対違うから!ありえないし。
まあでも出来の悪い息子だったからそう思いたかったのかもしれません・・・


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。