杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOPスポンサー広告 ≫ 消えた子供心…TOP雑談 ≫ 消えた子供心…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

消えた子供心…

立春を迎えました🌸乙未の年になりましたね~~
そして今月は戊寅。私の日干支も戊寅ということで律音です。
暦を見ると5年に一度の2月に回ってくるのだな~~フムフム。

このように律音が廻って来るときは分岐点だったりする。
一つ前の記事に書いた20年前の2月も戊寅、勇気とお金を出して不妊治療の手術(内視鏡手術みたいなもの)を受けた月でした。経過はあまりよくなくて半分以上諦めていましたがなんと成功して妊娠、忘れられない月です。

同じ干支は「律音(りっちん)」、天干が同じで地支が180度反対側だと「納音(なっちん)」ですが、最初はこの読みにびっくりしたもので「リッチンとナッチン???どっかの女の子の呼び名じゃないの??」と思ったものですが、今は用語にしか聞こえない。
私も大人になったものね・・・

そういえば1~2年前、小夏と一緒に東京に行ったとき、「高田馬場駅」を通りかかったら「たかだのばば?何それ?おかしい~~~!!」とゲラゲラずっと笑っていました。何かおかしいのかさっぱりわからなかったけど小学生女子のハートを高田馬場はつかんだらしい。
最近は「御茶ノ水」でウケていました。「おちゃのみず?おちゃのみずって何?お茶って飲むお茶??」とまたもゲラゲラ笑っていました。
確かに「御茶ノ水」って地名は面白いですよね。「御茶ノ水」があるなら「コーヒーの湯」があってもおかしくない気がします。
こんな地名だけでお腹を抱えて笑う子供を見ると自分がすり減ってしまったような悲しみを感じます・・・

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。