杏子の日記

算命学☆タロット☆ウチュウジン的つぶやき
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年12月
ARCHIVE ≫ 2014年12月
≪ 前ページ       

≪ 前月 |  2014年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

火星と土星

前の日記で娘の金星に夫の木星がぴったり合と書きましたが、娘の火星には私の土星がぴったり合です。
いやな母ちゃんです、これは。口うるさくて抑圧的。娘の意欲を削ぐ母(-_-;)

以前見てもらったときも「なるべく口出ししない!」と言われました。色々気になっちゃうんですよね、どうしても(言い訳)………ハイ、気をつけますm(__)m

実は娘の火星と夫の火星はほぼぴったり合なので、夫の火星と私の土星もぴったり合です。
この組み合わせは、恋愛や結婚の相性ではワーストワンにノミネート級の程悪さです。

最初はいいらしい。「トロフィーワイフ」のごとく、女の方が高嶺の花で男の方が落とそうと躍起になる相性らしいです。
(現実にはそのような事実は起きておりません笑)

しかし火星はどうしても土星にはかなわない。男のプライドが傷ついたりとか、DVを引き起こしたりしやすい相性だそうです。
うまくやるには男の方が格が上、といった状態を保つ(例えば結婚なら男の方が家柄がいいとか、収入が上とか)といいと以前言われました。
上記の条件をたまたま?クリアしているのでなんとかやっていけているのでしょうか。

子供達と親のホロスコープを合わせて見てみると、夫と子供達のつながりが深いことに気がつきます。例えば夫のアセンダントには長男の太陽、水星、冥王星がピッタリ乗ります。MCも乗るのでアングル交換していることになります。
私のホロスコープにも「おっ?」と思うような符号も勿論いくつか有るのですが、どうも地味…というか少ない。

私は夫の子供をこの世に送るための媒体だったのだなと思ったりする…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。